インフォメーション

2021-12-04 22:59:00

日本の宝物GP 2021-2022においてフレミンはジェラートにて新潟大会準グランプリに選ばれ

2022年2月に東京で行われる「全国大会」へ出場することになりました。

 

雪解け天然水で育てた魚沼のミルクを、研究者が舌と脳で感じるアイスへ変えたのがフレミンジェラート

 

今回は「雪の都うおぬま」の小さな研究所と魚沼の地力がどこまで通用するか、各県の大会で優勝・準優勝した猛将の中で全国の最高レベルを見てきます

魚沼の地力を世界へ! そんな気持ちで頑張ってきます!!

15187368100950.jpg

2021-12-03 13:58:00

今年も残すところあと1ヶ月。 2021年分のふるさと納税はお決まりでしょうか?

新潟県南魚沼市のフレミンジェラートは今年デビューの「クリームミルク」のカップが加わり

人気の3種類がカップアイスになりました! 魚沼地域は冬に降り積もった雪が山全体でろ過され、良質な水に生まれ変わる地域です。

「神水」が魚沼の米を育て、

草や野菜を育て、それを食べ、さらに水そのものを直接飲むる乳牛をも育てます。

 

魚沼の地力を使った「ご褒美の日のジェラート」 それがフレミンジェラートです

クリームミルク アソート 鏡①.jpg 

2021-11-01 21:22:00

新潟県の新ご当地アイスクリームとして発酵のまち 魚沼の食品研究員が本気で作った

アイスクリームを特殊な技術で乳酸菌発酵させたカラダを大切にする方のアイスクリーム調のデザート。

 

それが、フレミンの「まるごと乳酸菌ジェラート」です。 

 

1製品で普通のプレーンヨーグルトの約5倍の乳酸菌を摂ることができ、

その数はナント500億個もあります。

 

高級なレアチーズケーキのような味わいで、リピーターも多く、近年ふるさと納税のオススメなどで雑誌などにも登場する機会が増えてきました。

 

新しい、新潟県のご当地アイスとして、フレミン「まるごと乳酸菌ジェラート」を是非お試しください!

2021-10-26 19:50:00

新潟県のフレミンジェラートでは新潟の中でも希少な魚沼乳を主原料に使ったミルクジェラートを贈答用(ギフト)用のカップアイスにて発売する運びとなりました。

2021年6月中旬より「ネットショップ」および「ふるさと納税」にてお買い求めいただけます。

ヤフーショッピング・新潟直送計画・ふるさと納税はホームページよりそのまま移動できます。

クリームミルク アソート 鏡①.jpg

2021-10-21 08:37:00

プラリネミルク.jpg

日本の宝物GP(新潟県大会)にフレミンジェラートを出店させて頂くことになりました。

全盛期は100舎以上あった雪国魚沼の乳牛舎も今となっては10数件。魚沼の真骨頂は「水」です。

この地域は「雪が山全体でろ過された水」が川にながれており、豊富なミネラルと軟水の特徴があり

牧草や水にもすごく恵まれています。 ストレスが少なく、水と空気のきれいな環境で育てた牛のミルクはとても飲みやすく

美味しい上に変な臭みもありません。 雪国の草原由来の最高のバランスです。

 

そして、このフレミンジェラートは、

フレミンジェラートは人が舌で感じる「美味しい」とか「甘い」を「脳が認識する時間」を計算し配合や加工をすることで

食べた瞬間は勿論のこと。長い間美味しいと感じ、それがゆっくり薄れていくやさしい余韻感を作り上げています。

 

アイスクリームは本来「乳製品、牛乳みたいなものでありたい」との気持ちもあり

私たちはなるべく難しい材料を使わず、代わりに技術と手間暇をかけることで、

「お菓子というよりは」お子様やお年寄りにも安心して食べて頂ける「やさしい乳製品」として仕上げてあります。

 

 

フレミンは「友が共を呼ぶ店」でありたい。というのが名前の由来であり、

とても単純で 「みんな友達」→「みんなフレンド」→「みんフレ」→「フレミン」です。

そして企業のコンセプトは「ご褒美」です。

 

・私の「ご褒美」と共に

・アナタの「ご褒美」と共に

・みんなの「ご褒美」と共に

フレミンは〇〇〇の「ご褒美と共にある」

 

そんな私たちですが、この雪国魚沼地域に新たな名品誕生のご褒美を勝ち取ってこれるか、これから頑張ってみます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...