まるごと乳酸菌ジェラート|(発酵乳酸菌のアイスクリーム)

「まるごと乳酸菌ジェラート」(乳酸菌アイスクリーム)

 

 

アイスクリームを乳酸菌のエサにして純粋発酵させることで

乳酸菌そのもの化させたアイス調の酵素デザートです。

 

 180129173622-5a6edd0656533_m.jpg

 

 

乳酸菌は健康・腸活・美容サポート・免疫強化など、さまざまな効果で注目される菌活の代名詞。

 

 

 

ストレスフルな現代では様々な要因で腸内フローラのバランスも崩れがちで、それに伴い善玉菌もかなりのダメージを受けています。

 

 

 

 

 

 

 

鏡を見るたびに気になっていた美容対策や見た目のこと、

 

 

美容フリー画像4.png

 

 

 

正しくできないカラダの整理整頓…

 

 美容フリー画像2.png

 

 

 

 

 

 

そんな悩みも含め、私たちがいつまでも美しく、

そして元気でいられる体質を手に入れるには、腸内常在菌の可能性にかけることが重要なのです!

 腸内環境 JPEG.jpg

 

 

 

「乳酸菌は、私たちの身体にとってよい働きをする善玉菌の代表格」

 

そもそも人間の体内には100兆~1000兆個という体内常在菌がいるのですから、

この共存者たちが宿主である私達の気分や体調に何かしら関与しているのは当然といえば当然です。

 

 

 

可能性は自分の中にあることはわかっている。

生活の中に自然に入り込み、おなかの体内常在菌を整えることができれば・・・

 

 

 

 

アイスのように美味しいカタチで、

むしろ「ご褒美の時間」で「ヨーグルトのライバルになるものを作りたい」

 

 

 

当社はこれまで培った食品栄養学と乳酸菌研究15年のノウハウから、

 

 

アイスを乳酸菌のエサにし発酵することで、乳酸菌そのもの化したデザートを作ることに成功しました。

 

 

 

 

例えるなら

「牛乳にする? ヨーグルトにする? 乳酸菌ジェラートにする?」

 

そんな商品です。

 

 

 

 

 こちらの商品は 子供も大人もみんなが食べやすい レアチーズケーキのような味わいになっておりますので、

 

どなた様でも美味しくお召し上がりになれます。

 

 

 

本製品は生きた良質の乳酸菌を手軽かつ、たっぷり摂取することのできる

カラダを大切にする人の為の「はっ酵乳製品」となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 0001.jpg

 

 

 

【まるごと乳酸菌ジェラートの特徴】

その1、素材をまるごと発酵させているからクオリティが違う

純粋培養した生きた乳酸菌を、大量かつ手軽に摂取することのできる発酵型デザートです。

 

 

その2、一般食品トップレベルの乳酸菌数だからパワーが違う

乳酸菌数は1㎖につき、6億個以上。1製品に約500億個もの乳酸菌が含まれております。

これは一般的なヨーグルト(1㎖0.2~1.1億個)に比べ、5倍以上の数になります。

本製品には乱れがちな現代人の心と体をサポートする乳酸菌、「ラクトコッカス属」を使用しています。

 

 

その3、保存料も着色料も入っていないから安心して楽しめる

自社工場内で徹底した品質管理の中、一つ一つ大切に乳酸菌ジェラートは作られています。

魚沼産牛乳をはじめ、こだわりの材料を使用しているので、子供から大人まで幅広く

安心して楽しんでいただけます。

 

自然発酵でじっくりと仕上げてあるため、体にもやさしい本物の乳酸菌食品ですので日々の健康や、大切な人の為にお役立てください。

 

 

 【製品詳細】

・名称:はっ酵乳(低温発酵)

・原材料名:乳(新潟県産)、乳製品、砂糖、ぶどう糖/トレハロース、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)(一部に乳製品を含む)

・無脂乳固形分 10.5%

・乳脂肪分 9.5%

栄養成分 100mlあたり

(エネルギー159kcal、たんぱく質3.4g、脂質8.3g、炭水化物17.5g、食塩相当量0.1g)

乳酸菌数 1gあたり6億個、1製品あたり500億個以上(ラクトコッカス属乳酸菌 生菌死菌合計)

 

 

 

 

【ラクトコッカス属 乳酸菌とは】

 

ラクトコッカスで発酵させた乳製品には、リラックス作用があると言われています。

また、ラクトコッカス種の乳酸菌は腸内環境のバランスを整え、免疫細胞を活性化することで、

免疫力を高められるといわれております。

 

この他にも 生きたラクトコッカス乳酸菌の特徴として、

美容成分の「エクオール」という若さや見た目を保つ物質を生成する菌として注目を集め研究が進められております。